私は特に太っているわけではありませんが、昔から人一倍汗をかく体質です。身体はもちろんのこと、頭~顔にかけての汗にも悩まされていました。これからどんどん暑い季節に入っていくので少し憂鬱な気持ちもありますが、私が暑い季節に行っている顔汗対策を紹介したいと思います。

まずお化粧を始める前の下準備として、化粧水や乳液などは冷蔵庫で冷やしておくのがおススメです。顔を洗った後に冷水で引き締めることも大切ですが、冷やした化粧水で肌をパッティングすると、毛穴が引き締まる為、制汗作用があると化粧品販売店の方から教えていただきました。スキンケアが終わった後は、日焼け止めや下地を塗り、ファンデーションという流れになるかと思いますが、私はこのファンデーションが冷感タイプ(スプレータイプ)の物を使用しています。こちらも制汗作用があると謳われていますし、実際のところ普通のファンデーションを使用した時よりも汗が出にくい、崩れにくいという効果を実感しました。

インターネットで「顔汗 対策」と検索すると、化粧前に塗るジェルのような商品もたくさん出ており、専門の商品に頼るのも一つの手だと思います。ウォータープルーフの化粧品ですと、汗崩れしにくく制汗作用もありますが、成分自体がお肌に負担をかけてしまうこともあるようなので、そこは自分のお肌に合った制汗の方法を見つけて下さい。

下記サイトなんかが参考になると思います。

http://xn--ebkua6591bsze88azv057u.biz/

化粧品以外での対策としては、保冷材を使用して脇や首を冷やすのもとても効果的です。仕事をしていると他の人の目も気になると思いますので、そういう場合は発熱時におでこに貼る冷却シートを首の後ろ辺りに貼るのもおススメです。こちらは夏場に近づくと超強力タイプが販売されますので、ぜひお試し下さい。

外部から冷却するのとは反対に、冷たいドリンクを飲むのは即効性もあり効果的です。あまりにも飲みすぎてしまうと、内臓も冷やしてしまい体調を崩したりということに繋がるので、ほどほどを大切に。

私が顔汗についてインターネットで調べた際に初めて知ったことですが、普段汗をかかない人ほど顔に汗をかきやすいということでした。日常的に運動をしてある程度発汗している方は全身からまんべんなく汗が出るようですが、運動不足の方は首から下はほとんど汗をかかないのに、顔や首からは大量に発汗をしてしまうようです。それを知ってからは、毎日汗がダラダラと出るくらいお風呂にしっかり浸かることが日課になりました。本当は運動するのが一番良いのでしょうが、体を動かすことが苦手な私は家の中で出来る発汗の方法をとっています。

次に顔汗対策に良い食べ物を紹介します。納豆や豆腐、味噌などは大豆イソフラボンが多く含まれており、汗腺を鎮静化させる効果があり顔汗防止につながります。これらは女性にとって美容にとても大切な成分ですので、毎日摂取したいところですね。今はサプリメントでお安く手に入りますので(私はドラッグストアで購入しています)、お手軽に始めたいかたは是非お試し下さい。

逆に顔汗を悪化させてしまう食べ物を紹介します。脂っこい食事や強い香辛料、過度なお酒は汗腺を刺激してしまい、顔汗が出やすくなってしまうようですので、ほどほどにしたほうが良いようです。

そしてホルモンバランスの乱れも顔汗の増加につながるようです。こちらの対策としては、適度な運動をすること、質の良い睡眠・食事を摂ること、ストレスを溜め込まないことが大切です。

異性に対してこうして欲しいという要望は、「夏場のデートは出来るだけ室内で」ということだけでしょうか。女性は彼の前では常にキレイでいたいという思いが強いので、出来れば化粧崩れがしにくく顔汗をかかないようなところでデートをしたいです。「顔汗大丈夫かな・・・?」なんて心配したくないですから。